化粧水はしっかり浸透させること

お風呂あがりは肌の水分がどんどん逃げていってしまうので、すぐに化粧水でケアします。お風呂あがり、一刻を争って化粧水をつけないと浸透率がぐんと下がってしまうので気をつけています。
1度化粧水をつけたあと、すぐには浸透しないのでその間に着替えをします。
着替え終えたら、もう一度化粧水を肌に馴染ませます。そして次は髪を乾かします。その後、最後にもう1度化粧水を肌に馴染ませます。
合計3回、分けながら肌に化粧水を浸透させています。こうすることで化粧水がしっかりと肌の奥まで浸透してくれるので、この後につかう保湿ケア用品の効果を高める事ができます。
いくら高価な化粧水を使用していても肌に浸透してくれなければ意味がありません。肌に浸透していないうちから保湿ケアをしてしまうと化粧水の成分と保湿ケアの成分が肌の上で混ざって吹き出物ができてしまったりトラブルを招きかねません。
肌のケアには、しっかりと化粧水を浸透させることを意識しています。http://www.tsudanuma-datsumou.com/